小学生のプログラミング必修化はいつ?どのように教えるべきなのか

 

2020年から小学生のプログラミング必修化ということでな問題が出てくると思います。

 

プログラミングはこれから必要となるから学ばせたほうがいいという声や、プログラムをする時間を国語や数学に回したほうがいいという声があります。

 

しかし、取り入れることに決まったのでどう教えていくべきかを考えるべきではないでしょうか。

 

プログラムを作成する仕事は人工知能に取られてしまう

 

プログラムを勉強することは大切だ、という声がありますがそのような仕事のほとんどが人工知能の発達で、人間がやらなくても済んでしまいます。

 

はっきりって人がプログラムの書き方、計算の仕方などを覚える必要がありません。

 

必要な能力は企画を立てる能力です。企画を実行することは機械がほとんどやってくれます。

 

様々な人との話し合いだとか、コミュニケーションは今の時点では機械には難しいです。

 

といっても、まったくプログラミングや計算をしなくてよいかというとそうではありません。

 

プログラミングは話し合いのための材料

 

プログラミングだけができればよいわけではなく、その先があるということを忘れないでください。

 

関数の使い方、出力の仕方、入力の仕方を淡々と教えるのでは意味がありません。

 

それをつかって何ができるのかを伝えて、それを彼らだけでやらせてみるべきです。

 

プログラミングは数学のような立ち位置ではなく、図工のほうに寄せたほうがいいと思います。

 

プログラムに触れることができる「ゲーム」を教材に

 

というふうに、私の勝手な考えを書き連ねましたが、結局のところやって見ないとわかりませんよね。

 

私は小学生ではありませんから、絶対にこの方がいいというような事はいえませんけれど…。

 

しかし、私が小学生の時はゲームが好きでした。

 

だからゲームをしようというような簡単な考えではないということはわかっているのですが、こっちの方が楽しいとは思いませんか?

 

ウェブ上でも様々なプログラミングのゲームがあります。

 

無料のゲームでも馬鹿にしてはいけません。こどもが喜ぶ要素がたくさんつまっています。

 

参考に一度でいいのでプレイしてみてもいいかもしれません。

 

まとめ

 

小学校で身につける部分としては

 

  • 学びに向かう力・人間性等
  • 知識・技能
  • 思考力・判断力・表現力等

 

ということになっています。

 

小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

 

教材を選ぶところから、授業まで私自身何をしたらいいのか検討もつきません。

 

コンピュータのことを教えるにはコンピュータがわかる先生でなければいけません。

 

問題はたくさんあると思いますが、様々な人と話してたくさんの意見を聞いていきたいと思います。